忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/22 (Fri)
今ね、恋人達が、レンガで出来た長い坂を肩を組んで歩いてったの。その時にスイッチを押されたみたいに、角度43度の、6番目の季節の微風が、男性が片手に持った、ワインの色を確かめに行ったの。

夕日はその時に、地球のうらがわに入るのを拒んでいたの。
その時にふと思いだしたの。かなり昔に、街で偶然会ったハービーハンコックが言った言葉を。

「君の優しさがこの街を作ってるんだよ。ほら、あの屋根をごらん。あの屋根の色は君が作ったんだよ。あの屋根も、あの老人のしわも。」

その時に急に眩暈がして壁によりかかったの。後から気付いたら、それは彼の背中で、とても長い手で腰に手を回してくれて、川岸に運んでくれたの。
彼は手にドラゴンフルーツを持ってて、左手から水も出してくれたの。

彼のジャケットはシガレットの匂いがしたけど、全然嫌なにおいじゃなかったの。
気付いたら、季節はもう9番目に入ってて、
彼はもういなかったの。

2分経って、女友達が呼んでる声が聞こえて、私はその女友達の所に駆け寄ったの。

「私、ハービーハンコックにあったのよ!さっきまで一緒にいたのよ!」
「そうなの?でも、私が部屋のテラスから見ていたら、貴方は楽しそうに一人でワルツを踊ってたわよ?」


-fake
PR
2008/07/13 (Sun) Fake? Trackback(0) Comment(0)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]