忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/19 (Thu)
一発目は銀座のApple Storeで!

2009年 12月 26日 土曜日 19:00- 20:00

Apple Store銀座
ttp://www.apple.com/jp/retail/ginza/
中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館
104-0061

Tel: 03-5159-8200
Web: ww.apple.com/jp/retail/ginza/



二発目は下北沢Threeで!

12/26(sat)
FUSE@下北沢THREE
OPEN 23:00
DOOR 2,500/1D
W/F  2,000/1D


Cutsigh a.k.a. KASAI(Audio Active)
MANATHOL
8th wonder + chaos
SECAI
FLOLESS

zorzi(OIL WORKS)
DJ NESSILL(opuesto)
Dubinch


WEB
ttp://www.toos.co.jp/3/3_news.html
mixi
ttp://mixi.jp/view_community.pl?id=4650410
PR


全国ツアー6発目はKSK縁の地でもある千葉の柏waRterにて!

花を添える共演陣には、アンチコンの系譜に属するシカゴからの刺客 『Garapagos4』が『Black Rain Tour』と称しこのRELEASE PARTYに SPECIAL GUESTとして参戦。

更には、UNDERGROUNDシーンで活躍し続ける、『瘋癲(FU-TEN)』の 『MILI(元NAKED ARTS)』と、『B-BANDJ(元MONDO GROSSO)』の二人や、 昨今ソロでの活動を活発化させはじめた、レぺゼン常磐LINE『怪人』の 『Isaka Yuichi』も登場。

ジャンルの枠で捉えられないサウンド。

現実の中でもがく3人の ”ヴァルハラ” への道のりが今、柏waRterにて描かれる。


■SPECIAL GUEST LIVE
Garapagos4 (QWEL, OFFWHYTE, JACKSON JONES)
Isaka Yuichi (from怪人)
MILI , B-BANDJ (from 瘋癲fu-ten )
8TH WONDER


■LIVE
Ludens Label (COBA5000+キャスパーエース+ドラグマール)
RIPPER

■MACHINE LIVE
キクヨニ

■DJs
MUTA
ブルックリン安田
KIMA
MIYAMOTO
FUJII
北郷

NULL
KEISUKE
国友洋平
nice(THEカマワヌ)

■LIVE PAINT
OZ

DOOR¥2500
W/F¥2000
大阪 太陽の塔 立体的高速道路 ネオン 心斎橋 関西弁 笑顔 たこ焼 駐車場 ホテル ニーハイブーツ OL だみ声 若者 年寄り 大きな絵  
前回来たときは橋を渡った道頓堀を越えた千日前にあるクラストってライブハウスだった。今はトライブって箱になってたね。
大阪に来たのは4、5年ぶりになるのかな。
同じ道を歩いてみたけど。忘れているのか、見えていなかったのか。
こんな物もあったのか、あんな人がいたのか。不思議なもので。
あの時の自分と今の自分。他人みたいに思えたり。
時間が流れるとはそういうことなのだろうか。
端から端まで、記憶を両手いっぱいにこぼすことなく手に入れることができてしまったなら、成長などないのかもしれない。
欠けるから、また次が生まれる。欠けるから、満ちる、そして欠けて、満ちる。
俺らの住んでる場所とは方角の異なるルールがある街。
でもそれに乗っかって生活していて、俺らの想像をはるかに凌ぐ力強さ、温かさ、寂しさ、仲間、笑い声をもつ街。
優しさ。外はカラッと、中はフワッと、そんな優しさ。
その何気ない、何気なく通り過ぎてしまえる優しさの裏にはどれだけの歴史があるのだろう。一人の人間だけの話ではなく。それをとりまく人々、その家族、先祖。大阪という血縁は、しっかり濃く、これからも流れていく。
最高の音と場所をくれたCLAPPER、いつも笑顔を繋いでくれるHirofumiありがとう。
音は繋いでくれるものがなければ流れないんだ。ほんとうにありがとう。
来てくれたみなさん、ありがとう。
言葉は聴いてくれる人がいなければ石になってしまうから。
共演者のみんな、ありがとう。
成長は共有する相手がいなければ停まってしまうから。


あれだけ楽しい時間が記憶の中で
もう、じょじょに、ちょっとづつ欠けはじめている。
だけどさびしくも、かなしくもないよ。
また満ちていくのだから。

あの日の大阪の笑い声は
まだ体の中に残ってるぜ
褪せないサスティン…は繰り返す
一直線に果てしなく。
果てしなく、果てしなく


-KSK
2009/12/12 (Sat) KSK Trackback(0) Comment(1)
うっす 元気ですか?
冬眠しそうな寒さの中 渋谷UNDER BARに来てくれた人達ありがとうございます 初めて見る人 久しぶりに会う友達 ラッパー DJ 色々目の形で見て 色々なダンスをしてくれてたね 1メートルもない距離感で言葉よりも唾が先に飛ぶステージから 目を凍りつかせながら 見てたよ 空気の薄さはハンパじゃなかったけど 酸欠寸前で 渇いた 二手に別れた 紫色のふもとから 喉を通り 歯茎辺りで化学変化した 歌詞カードから飛び出した言葉は薄くないと思ってる これは長い時間のライブをした 短い時間のライブをした とかの問題ではない 初めてフリスタやる人と一分位やった時に分かる感じに似てるけど その人の精神的な強さと脆さのパーセンテージが一目でわかる 俺等が凄いっていってるんじゃないよ? どんなジャンルの音楽の人でもそういう言葉を 初めは真似から入って 何年もして 自分の言葉を見つけた人は ただ単純に強く 美しいっていう事 特に日本人が出した日本語は特に 英語がわからない俺には日本語しかたよる術がない 今の日本語は相当キテるとおもう それを時には傷つけ 研磨し 劣化して くっつくまで待って また傷つけると言う行為を自分が死んでもまだ行われる MCは照りつける太陽の下 ただ干からびるか 味を閉じ込め熟成するか 過去の作品や未来の作品に自信と確信がなければMCは優しくも強くもなれない もう少し気楽なブログが書けるのは今年が終わってからか?

長野からわざわざ渋谷まで電車で来てくれたオーガナイザー beatnik君ありがとう 8年越しの出会いだったね? 今度は地元で遊ぼう         

今週金曜日大阪でライブします 2002年位に一度行った大阪 場所はCLAPPER みんなで早い忘年会にしよう

平和を平和に

-fake?
2009/11/30 (Mon) Fake? Trackback(0) Comment(1)
どうも。
今年はとっても気温が低くなるのが早いね。
でも、このくらいが心地よいというか。
ただどうしても、部屋にこもりがちになるよね。
まあ、それも冬の醍醐味。

そんな時は暖かく快適な映画館にでも
足を運んでさ。
感性だけは冬眠させずに、なんてね。

「This is it 」
マイケルジャクソン

よくよく考えてみれば
ムーンウォークとか小学生の時に
教室で練習してたw

今、この年齢になって
音楽というものに今も間近でさわれていて
そんな中で
改めて、というか
むしろ初めまして
ぐらいの感覚で彼のすごさを感じました

いや、音楽に限らず
身体とか精神とか
何かしら伸ばそうとしてる人には
共通のコードが走っているんだと思う。

そしてこの映画にもそれが流れていて。


人間の極限、極まった集中力。


とにかく観てみるといいかも。


筋力。
心にもやっぱり筋肉がある。

だって俺らの世界には
重力っていう
重い、重い、重いコードが流れているんだからね。


さあ
俺らの

THIS IS NOW!



今という時は

下に引っ張る大きな力との格闘

という名の調和だ。

見逃すな


-KSK
2009/11/24 (Tue) KSK Trackback(0) Comment(0)
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]