忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/20 (Sun)


アルバム前にこんなの出ます。中野ヘビーシックで会って、いきなり曲やりましょう!って言われてできた。
曲をつくる前に誰が入るのかとか色々聞いてて、自宅に着いたときに、ただのコンピレーションと言うくくりでやろうって言う気にはなれなかった。
これはある意味トーナメントだとも思ってる。
トピック考えるのに5日費やし、メモを取るのに10日、構成、声の割り振り、練習、録音に15日かけて曲が完成した。
今でもいるのかな?スタジオで10分とかで書く人…
俺は曲を書くときはまずトラックを一日中流しまくって、体に染み付いてきたら、紙とボールペンを持って外へ、中へ、海に行ったり、近所を歩いたり、朝早く起きて散歩したり、部屋の中を歩き回ったり、彼女と話したり、猫と話したり…ヨガをしたり、自分の能力を過信したり、過小評価したり、ほかのMCの事を考えたり、そして気づくとフリースタイルしてたり、年齢の事を考えたり、生きてる人のことを考えたり、亡くなった人のことを考えたり、そして、その考えが末期的になるころに曲が完成してる。
曲のイメージとしては、このときに色々なアメリカのMCのライナーノーツをよく読んでいて、その影響が色濃く出てる曲になった。

-fake?


http://www.youtube.com/watch?v=JulngPwrozk

Geskia! 『President IDM』

2009 8/19 発売
型番 sube-007
販売価格 2,415円(税込)
レーベル 術ノ穴

昨年発表された1st albumが英WIRE紙やDoseOne(anticon/Subtle・13&GOD)など世界中のメディアやアーティストから賞賛されたブレイクビーツ・アーティスト Geskia!
日本が誇る豪華MC陣を招いた2nd albumは紛れもなく世界基準サウンド。
いま世界の地図が塗り変わる・・・


【参加MC】
・FREEZ (RAMB CAMP、EL NINO)
・fake?(8th wonder)
・レイト
・haiiro de rosshi(SLYE RECORDS)
・YAMANE (Low High Who?)
・DOTAMA (術ノ穴)
・DUFF (kitakanto skillz)
・3 Mansell Army(キリコ、DUFF、華乱)
・Sorarino
・Tha Sapience


【PROFILE】
自身を取り囲む生活や他人との関わり、
またはその世界観の再現をコンセプトに2001年に活動を開始。
初期はCoilやEinsturzende Neubautenに代表されるインダストリアル・ミュージックやテクノ、
トリップホップ・ムーブメントに影響を受けていたが、徐々にオリジナルなスタイルを確立。
coma5など数々のグループに所属し、トラック提供を果たしながら、
Geskia名義で都内を中心に積極的なライブ・パフォーマンスを展開する。
2008年flauと契約。
日本人離れしたビート感覚とドラマティックなトラックメイキングが見事に結実した
デビュー・アルバム『Silent 77』を発表し、英WIRE紙やDoseOne(anticon/Subtle・13&GOD)など世界中のメディアやアーティストから喝采を浴びた。
2009年、Vongaku、All Apologiesとしての作品をリリース。
8月19日、flauからの新作EP『Eclipse323』、術ノ穴より2ndアルバム『President IDM』を同時発売。


【track list】
01.Drum Anagrum Feat.FREEZ
02.Film Beat Feat.YAMANE
03.遠雷O.S.T Feat.DUFF
04.青い砂漠 Feat.haiiro de rossi
05.Natural Thing
06..蜘蛛の糸 Feat.Sorarino
07.Idmost90125
08.New Dark Feat.レイト
09.Mystery Feat.DOTAMA
10.Elektnik
11.Inferno Feat.Tha Sapience
12.Retrospect Have You Me Easy Feat.fake?
13.Original Feat.3 Mansell Army
14.Current Trend
PR
2009/08/17 (Mon) Fake? Trackback(0) Comment(0)
9月2日 この日 試行錯誤の思想 これが基本となる 悲壮感さえも腹を抱えて笑い 理想は先に逝き 踏み場のない偉業 時効共に鳴らされる時報 日本語の記号 韻は自傷 自尊心が向かう地獄 偽証する遺書 終わりを急ぐ為に服役する砒素 千鳥足で見取り図を手に 向かうヴァルハラのゲートの橋の手前 首輪の跡を舐める 非常階段はない離島 一度だけのリロード

-Fake?
2009/08/03 (Mon) Fake? Trackback(0) Comment(2)
もしもし  も   し


電波が悪いようだけど、聞こえてる?

それならよかった。

お互い、年末の、今日の、今の、この時間まで生きててよかったね?

普通に君の声が聞こえてるだけで安心するよ。

うん?そうだね。そういう風に思ってくれてるだけで安心だよ。
友達や、恋人関係見たいな事はもう終わって、家族とか  色々な         こ                と                             が                   あ    っ            


また電波がわるいみたいだけど…

大丈夫かな?

今はアロマキャンドルをつけてるのかい?

受話器口でもにおうよ?

明日はサンモリッツにでもスキーにでもいくって言ってたよね?

今年はもう24時間を切ってるのに、来年の8760時間の方が寂しく見えるよ。

うん、そうだね。

クリスマスツリーの星は、本物の月より高くなってたかい?

そっか、ならよかったよ。

もう休憩が           お               わ        る見たい   だ    か            ら


うん?無理だよ、今は五セントしか持ってないから…


うん、そうだね。

お互いいい2008年をすごそうぜ。

また   連絡   するよ             その    時  まで      。。。       。   。。。  。


-fake?
2008/12/31 (Wed) Fake? Trackback(0) Comment(0)



all photos by Patrick Montgomery www.orenome.com

この前の神奈川大学のライブに見にきてくれてありがとう。学園祭と思いきや、普通に夕方のイベントを学校でやってしまおうって言う、終わってみたら、意外なイベントだったって言う事に気づいた。

場所が少し複雑な場所にあるのにも関わらず、足を運んでくれたリスナー、MC、誰かの父親、誰かの母親、誰かの妻、誰かの赤ん坊、来てくれてありがとうございます。

リハーサルの時からいいムードが漂っていて、緊張感は全くなく、何回も練習した、どんな言葉をはきだそうか、そればかり考えていた。
何百回も練習してる言葉なのに、どういう風な温度で、どういう風な感情でつたえればいいのか、それが中々まとまらない感じでライブをした。

集中が切れない形でいいライブが出来たと思う。

途中、合間の沈黙で、赤ん坊の泣き声が聞こえるなって言う風に思ったら、タクザ・コドナ君の赤ん坊の声だった。

どこかの国のラッパーが良いことを言ってた。
「いくら10分のライブでも、スポットライトに、情熱と熱意を売ってしまってはいけない。」

これは終わったから言うんだけど、ライブの20日前まで、インフルエンザみたいなのにかかってて熱もかなり出てて、声も全然出せない状態だった。当日も完璧で無い状態で望んで、やはり声の方は完璧ではなかった。これは個人的な話だけど、完璧に俺のミスだよ。今後はないように気をつけます。
好きな事をしてる以上、嫌いな事、嫌いな仕事、嫌いな人と、嫌でもニコニコしてる人以上に、努力して、油断せず、集中力を味方にして、ウィルスも自殺するくらいの緊張感でライブに望まなければいけない。

-fake
2008/12/03 (Wed) Fake? Trackback(0) Comment(0)
今ね、恋人達が、レンガで出来た長い坂を肩を組んで歩いてったの。その時にスイッチを押されたみたいに、角度43度の、6番目の季節の微風が、男性が片手に持った、ワインの色を確かめに行ったの。

夕日はその時に、地球のうらがわに入るのを拒んでいたの。
その時にふと思いだしたの。かなり昔に、街で偶然会ったハービーハンコックが言った言葉を。

「君の優しさがこの街を作ってるんだよ。ほら、あの屋根をごらん。あの屋根の色は君が作ったんだよ。あの屋根も、あの老人のしわも。」

その時に急に眩暈がして壁によりかかったの。後から気付いたら、それは彼の背中で、とても長い手で腰に手を回してくれて、川岸に運んでくれたの。
彼は手にドラゴンフルーツを持ってて、左手から水も出してくれたの。

彼のジャケットはシガレットの匂いがしたけど、全然嫌なにおいじゃなかったの。
気付いたら、季節はもう9番目に入ってて、
彼はもういなかったの。

2分経って、女友達が呼んでる声が聞こえて、私はその女友達の所に駆け寄ったの。

「私、ハービーハンコックにあったのよ!さっきまで一緒にいたのよ!」
「そうなの?でも、私が部屋のテラスから見ていたら、貴方は楽しそうに一人でワルツを踊ってたわよ?」


-fake
2008/07/13 (Sun) Fake? Trackback(0) Comment(0)
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]